法人利用規約

第1条 (総論)

「みんなのスマホ」法人利用規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社ニューズドテック(以下「ニューズドテック」といいます)が法人(個人事業主を含む)のご利用者様に対して提供する携帯電話レンタルのインターネットサービス(以下「レンタルサービス」といいます)の利用条件を定めたものです。ご利用者様は、本規約に同意のうえ、レンタルサービスを利用し、レンタルサービスへの申込みをもって本規約への同意とします。

ニューズドテックは以下の場合に裁量により、本規約を変更することができます。
①利用規約の変更が、ご利用者様の一般の利益に適合するとき。
②利用規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。

ニューズドテックは前項による本規約の変更にあたり、変更後の本規約の効力発生日の1ヵ月前までに、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容とその効力発生日を「みんなのスマホ」のウェブサイトに掲示し、またはご利用者様のメールアドレスへ通知します。

変更後の本規約の効力発生日以降にご利用者様がレンタルサービスを利用したときは、ご利用者様は、本規約の変更に同意したものとみなします。

以上

2022年3月00日制定

第2条 (定義)

「みんなのスマホ」(法人向け)とは、ニューズドテックが提供するアイテム、①中古スマートフォン、②中古タブレット、③附属品をご利用者様がレンタルできるオンラインサービスをいいます。

「ご利用者様」とは本規約に同意の上、レンタルサービスを利用する法人(個人事業主を含む)をいいます。

「商品」とはニューズドテックが運営するレンタルサービスで扱うアイテム①②③の全ての総称です。

「返却期日」とはご利用者様が、ニューズドテックが指定した「指定配送業者」に商品の引き渡しを行う日を指します。

「返却期限日」とは、ご利用者様から返却されたレンタル商品がニューズドテックへ届く到着予定日の期限を指します。

第3条 (レンタルサービスの内容)

レンタルサービスをご希望のご利用者様は、WEBページの問い合わせフォームか、電話にてニューズドテックにご連絡いただきます。ご連絡いただいた内容を基にニューズドテックからご利用者様に見積書及び発注書をメールで送らせていただきます。

レンタルの契約(以下「利用契約」といいます)は、ご利用者様が発注書をニューズドテックに送信し、ニューズドテックが受領した時点で本規約に則って成立するものとします。

ご利用者様は商品の届け先を指定できます。ただしニューズドテックの判断により指定できないお届け先と判断した場合、ご利用者様に対しお届け先の変更を依頼することがあり、状況によってレンタル契約をお断りするケースがあります。

ご利用者様は自ら指定した配送先の情報に誤りがあった場合、配送の遅延が発生すること及び追加配送料金をご利用者様が負担することを同意するものとします。

ご利用者様は、到着した商品を速やかに確認し、もし破損・汚損、相違がある場合は速やかにニューズドテックへ通知するものとします。

ご利用者様は、発注書記載の利用期限までレンタルサービスを継続するものとします。ただし、ニューズドテックが延長を認めた場合はこの限りではありません。

ご利用者様は善良なる管理者の注意を払って商品を利用しなければなりません。ご利用者様は、レンタル商品の盗難、紛失、故障、破損(ニューズドテックが判断する大きなへこみ、大きな摩耗・傷)に対して責任を負わなければなりません。

ニューズドテックが提供する商品は全て製造番号で管理されます。ご利用者様は、商品を改ざんしたり、商品を変更したり、商品をニューズドテックの定める不当な目的で利用してはなりません。

ご利用者様が利用中に商品が盗難・紛失・破損・故障した場合、ご利用者様は当該商品について、ニューズドテックのWEBページに定める販売価格相当額を損害賠償として支払うことに同意するものとします。

10

レンタルサービスは申し込み者本人(ご利用者様)が利用するものであり、ご利用者様はレンタル商品を転貸してはなりません。ただし下記の場合は除くものとします。
①発注書に記載がある場合
②ご利用者様が法人の場合で社員に利用させる場合

11

動作保証期間は商品到着から30日とします。商品到着から30日以上経過した場合は保証対象外とします。保証期間にあたる30日間のレンタル利用料は返金されません。

12

前項以外の保証については、別途レンタルサービスと同時にお申し込みを戴くことで保証サービスが受けられる「安心補償サービス」ございます。
同サービスの内容は、別途定める費用をご利用者様が負担することで、ご利用中の端末の故障、水没、動作不具合、落下事故、バッテリー不良等が生じた場合に1回のみご利用中の端末を同等品と交換するサービスです。ただし、以下の事由等により損害が生じた場合は、修理額・物件時価額の全額をご利用者様にご負担頂きます。
①盗難、紛失等、端末本体を無くされている場合
②同サービスにお申込みをされていない方
③端末本体に付属する記録メディア、アクセサリー類、消耗品は補償の対象外となります。
④端末本体が返却されない場合
⑤レンタルサービス期間が3カ月未満の方

13

ニューズドテックは、ご利用者様に対して、ネットワーク利用制限 (通信会社により通信機能を止められた状態のこと)の対象となるスマートフォンまたはタブレットの提供は致しません。万が一、ご利用期間中にネットワーク利用制限の状態に端末がなった場合、ニューズドテックにご連絡の上、ニューズドテックに当該端末をご郵送くだされば、同等の端末と交換いたします。

第4条 (利用資格について)

ニューズドテックは以下の各号の条件全てを満たした場合のみ、レンタル申込者をご利用者様として認めます。 ①本規約および諸規程に同意いただける方。
②日本(一部離島などの地域を除く)に本店、事務所、営業所等の事業拠点がある法人(個人事業主を含む)
③有効な電子メールアドレスをお持ちの法人。
④前払い費用を支払える法人。
⑤発注書の記入漏れや、記入内容に虚偽がない法人。
⑦ご利用前に利用料金の支払いまたは商品の返却を遅延したことがない法人。
⑧暴力団、暴力団構成員、暴力関係企業、総会屋、その他の反社会的勢力に該当しない法人。
⑨その他、ニューズドテックによる審査によってご利用者様として適当と判断した法人。

第5条 (サービス利用料金と支払い方法)

レンタルサービスの利用料金は見積書に記載する通りです。

本サービスの月額利用料金は、原則として前払いによりお支払いいただきます。なお、一旦発生した月額利用料金は、理由の如何を問わず返金いたしません。

初期費用として見積書及び発注書記載の費用が発生します。

レンタル商品が返却期日前に返送された場合でも、ニューズドテックは残日数分の料金払い戻しはいたしません。

レンタルサービスの利用料金は、銀行振込のみで決済されます。一旦支払われた利用料金は理由の如何を問わず返金いたしません。

第6条 (月額料金の日割り)

レンタルサービスにおいては日割り計算をいたしません。1ヵ月単位での貸し出しになります。ただし、規約変更に伴う利用者様からの解約申出はこの限りではりません。

第7条 (レンタルサービスの利用期間)

レンタルサービスの利用期間(以下「サービス利用期間」とする)は、発注書記載の開始日から終了日までとします。ただし、ニューズドテックとご利用者様が延長の合意をした場合はその期間更新されます。サービス利用期間中は中途で解約された場合であっても、残りのサービス利用期間の料金のご返金は出来ません。

ご利用者様は商品の引渡しを受けた日より、本契約に従って本商品を使用することができます。

ご利用者様からの申し出による解約手続きまたは本規約に定める事由によりサービス停止となった場合、本サービス利用契約は終了となります。

ご利用者様は利用契約終了後1週間以内の返却期日までにレンタル商品をニューズドテックに返却しなければなりません。返却期限日を1週間過ぎても商品がニューズドテックに届かなかった場合は、ご利用者様は、違約金として、第12条1項⑤記載のレンタル開始時の商品代金の2倍の金員をニューズドテックに対し支払わなければなりません。

第8条 (契約解除について)

ご利用者様が次の各号のいずれかに該当する場合、ニューズドテックはご利用者様に対し、何らの通知催告をしないで、ご利用者様のレンタル商品の利用を停止させ、または利用契約を解除できるものとします。
①ニューズドテックの承諾なく、ご利用者様以外の者(3条10項各号は除く)が商品を利用していることが判明した場合
②ニューズドテックの承諾なく商品がご利用者様以外の者に譲渡、貸与されたことが判明した場合
③理由の如何を問わず、商品がご利用者様以外の占有下におかれたことが判明した場合
④ご利用者様が利用契約の履行が不可能な状態となった場合
⑤ニューズドテックがご利用者様を音信不通と判断した場合
⑥ご利用者様が本規約の各条項に違反した場合
⑦ご利用者様が第4条の利用資格を満たさないことが判明した場合
⑧ご利用者様がレンタルサービスを通じて、またはニューズドテックに対して違法行為を行った場合
⑨ご利用者様が他のご利用者様に迷惑がかかる行為を行ったとニューズドテックが判断した場合
⑩ニューズドテックがご利用者様として不適当とご利用者様を判断した場合
⑪ご利用者様が、破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始その他法的倒産手続の申立を受け、若しくはこれらの申立を行ったとき、又は私的整理の開始があったとき
⑫支払停止、支払不能に陥ったとき、又は自ら振出しもしくは裏書した手形・小切手が一度でも不渡りとなったとき
⑬信用の失墜又はその資産の重大な変動等により、信頼関係が損なわれ、利用契約の継続が困難であるとニューズドテックが認める事態が発生したとき
⑭ご利用者様が、事業を譲渡し、事業を廃止し、合併し、又は解散したとき
⑮ご利用者様が、監督官庁から事業停止処分、又は事業免許若しくは事業登録の取消処分を受けたとき
⑯ご利用者様において、その他利用契約を継続し難い重大な事由が生じたとき

前項によりレンタル商品の利用契約が解除された場合、ご利用者様は解除通知を受領した日から3日以内にレンタル商品をニューズドテックに返却するとともに、残存する利用料金や補償金などの債務を直ちにニューズドテックに対して支払わなければなりません。ニューズドテックは、前項の契約解除に起因して、ご利用者様が被った損害に関し一切の責任を負いません。前項に該当しニューズドテックが損害を受けた場合、ご利用者様は第12条に定める補償金を支払わなければなりません。

ニューズドテックは、ご利用者様に関して取得した情報を保有・利用することができるものとします。

第9条 (商品の返却について)

ご利用者様はニューズドテックに返却前に端末を初期化し、ご利用者様のデータを削除しなければなりません。

ニューズドテックが返却商品を確認時、商品端末が初期化されていない場合、ロックなどが掛かっていた場合は、販売価格相当額をご利用者様はニューズドテックに支払わなければなりません。

商品返却後、ニューズドテックにてさらに端末の初期化を行います。ニューズドテックは、端末内にご利用者様のデータが残っていた場合であっても、データ消去による一切の責任を負わないものとします。

第10条 (配送料)

配送料は初回料金内に含まれております。

北海道・沖縄・離島へのお届けの場合は別途送料が発生し、初回料金内にてご請求いたします。別途送料が発生する場合には、商品発送前にメールにて事前にご連絡いたします。

ご利用者様の都合による商品の変更(故障による修理も含む)によって、商品返却時に発生する配送料はご利用者様が負担しなければなりません。

第11条 (補償金)

ご利用者様は、以下の場合、各号記載の補償金をニューズドテックに対して支払わなければなりません。商品は、ニューズドテックが提供する製造番号が合致したものを意味します。
①商品が破損し凹み・傷の修理が必要な場合、当該修理費用及び修理期間中にニューズドテックが損失を負った金額
②商品の修理が不可能な破損・汚損が発生した場合又は紛失・盗難により商品の返送が不可能となった場合、商品の販売価格に相当する金額
③ご利用者様がレンタルサービスに登録した情報に誤りなどがあり商品が紛失した場合、当該商品の販売価格に相当する金額
④ご利用者様が宅配ボックスなどご利用者様本人への手渡し以外の方法で受け取った結果、商品が紛失した場合、当該商品の販売価格に相当する金額
⑤ご利用者様がニューズドテックが定めた期限内に商品が返却されない場合、商品の販売価格の2倍に相当する金額
⑥ご利用者様の故意または過失により商品に破損・汚損・紛失が生じたとニューズドテックが判断した場合、当該商品の販売価格に相当する金額

前項の定めに従い、ニューズドテックにおいて補償が必要であると判断した場合、ニューズドテックは、ご利用者様に対し、補償金の金額および返却手続きに要した費用を通知いたします。

前各項の規定は、商品以外の損害に関するニューズドテックからご利用者様に対する賠償の請求を妨げるものではありません。

第12条 (禁止事項)

ご利用者様は本サービスの商品を以下の目的または行為で使用することはできません。下記に定める行為によりニューズドテックが損害を受けた場合、ニューズドテックはご利用者様に対し、前条記載の補償金を請求できるものとします。
①ご利用者様が商品を転貸または第三者に使用させること
②ご利用者様が商品を譲渡または質入その他の担保に供すること
③ご利用者様が商品の偽造品を製作すること
④ご利用者様がその他違法行為をすること
⑤ご利用者様がレンタル中の商品を、自ら修理すること
⑥ご利用者様がレンタル中の商品を意図的に破損し、汚損し、廃棄し又はそれらに類する行為をすること
⑦レンタル中の商品以外の商品をニューズドテックに返却する行為又はこれを試みる行為をすること
⑧その他前各号に類するとニューズドテックが判断する行為

ニューズドテックは、ご利用者様以外の第三者が商品を使用した事実が確認できた場合、当該商品の占有状態に拘わらず、ご利用者様または当該第三者に対し、直ちに商品の返還を求めることができるものとします。この返還の請求に起因して損害等が発生した場合には、ご利用者様が一切の責任を負うものとします。

第13条 (個人情報)

ニューズドテックは、「プライバシーポリシー」に従い、個人情報に関する法令を遵守し、ご利用者様の個人情報管理・保護に努めてまいります。

第14条 (損害賠償)

ニューズドテックは、「プライバシーポリシー」に従い、個人情報に関する法令を遵守し、ご利用者様の個人情報管理・保護に努めてまいります。

第15条 (著作権)

ご利用者様及びニューズドテックは、利用契約に関連して相手方から開示を受け又は知り得た相手方の一切の情報について、第三者に開示若しくは漏洩し、又は本契約の遂行以外の目的に使用してはならないものとします。

ご利用者様は、ニューズドテックの著作物について、ニューズドテックの承諾を得ずに複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳を行ってはならないものとします。

ご利用者様は、前項に定める著作権侵害の他、商標権その他ニューズドテックの知的財産権を侵害する行為を行ってはならないものとします。

第16条 (機密保持)

ご利用者様及びニューズドテックは、利用契約に関連して相手方から開示を受け又は知り得た相手方の一切の情報について、第三者に開示若しくは漏洩し、又は本契約の遂行以外の目的に使用してはならないものとします。

前項に拘わらず、以下の情報について前項の義務から除外されるものとします。
①開示の時点で既に公知のもの、又はその後受領者の責によらずして公知となったもの
②受領者が、正当な権原を有する第三者から秘密保持義務を負うことなく正当に入手したもの
③開示の時点で既に受領者が秘密保持義務を負うことなく保有しているもの
④受領者が、開示された秘密情報によらずして独自に開発したもの

第17条 (反社会的勢力の排除)

ご利用者様及びニューズドテックは、自らが反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団、その他これらに準ずる者をいう。以下同じ。)に現在及び将来にわたって該当しないことを表明及び保証し、反社会的勢力と次の各号の一にでも該当する関係を現在及び将来にわたって有しないことを誓約します。
①反社会的勢力が経営に支配的な影響力を有すること
②反社会的勢力が経営に実質的に関与していること
③自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもって、不当に反社会的勢力を利用すること
④反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与する等の関与をしていること
⑤その他役員等又は経営に実質的に関与している者が、反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること

ご利用者様及びニューズドテックは、自己又は第三者を利用して次の各号の行為を行ってはなりません。
①暴力的な要求行為
②法的な責任を超えた不当な要求行為
③取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
④風説を流布し、偽計又は威力を用いて相手方の信用を棄損し、又は相手方の業務を妨害する行為
⑤その他前各号に準ずる行為

ご利用者様及びニューズドテックは、反社会的勢力への該当性の判断のために調査を要すると判断した場合、相手方に対し調査に協力するよう求めることができます。相手方は、これに必要な資料を提出しなければなりません。

ご利用者様及びニューズドテックは、自己の責に帰すべき事由の有無を問わず、相手方が本条の規定に違反した場合、何ら催告等の手続を要せず、ご利用者様とニューズドテックとの間にて締結された全ての契約を解除することができます。この場合、契約の解除を行った当事者は、相手方に損害が生じても何らこれを賠償ないし補償することを要しません。また、解除を行った当事者に損害が生じたときは、相手方はその損害を賠償しなければなりません。

第18条 (「みんなのスマホ」の変更・停止等)

ニューズドテックは、ご利用者様に事前に通知することなく、「みんなのスマホ」の内容の全部又は一部を変更又は追加することができるものとします。但し、当該変更又は追加によって、変更又は追加前の「みんなのスマホ」のすべての機能・性能が維持されることを保証するものではありません。

ニューズドテックは、以下のいずれかに該当する場合には、「みんなのスマホ」の利用の全部又は一部を停止又は中断することができるものとします。この場合において、ニューズドテックはご利用者様に対して、できる限り事前に通知するよう努めるものとします。 ①「みんなのスマホ」に係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合
②コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
③火災、停電、天災地変等の不可抗力により「みんなのスマホ」の運営ができなくなった場合
④その他、ニューズドテックが「みんなのスマホ」の停止又は中断を必要と合理的に判断した場合

ニューズドテックは、本条により契約者に生じた不利益、損害について責任を負いません。

第19条 (保証の制限及び免責)

ニューズドテックは、「みんなのスマホ」が、重要な点において、実質的に正常に提供されることを保証します。

ご利用者様は自己の責任において「みんなのスマホ」を利用するものとし、ニューズドテックは、ご利用者様による「みんなのスマホ」の利用に起因してご利用者様に生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。

第20条 (連絡・通知)

「みんなのスマホ」に関する問い合わせその他ご利用者様からニューズドテックに対する連絡又は通知、及び本規約の変更に関する通知その他ニューズドテックからご利用者様に対する連絡又は通知は、電子メールその他ニューズドテックの定める方法で行うものとします。通知は、ニューズドテックからの発信によってその効力が生ずるものとします。

第21条 (地位の譲渡等)

ご利用者様及びニューズドテックは、相手方の書面による事前の承諾なく、「みんなのスマホ」利用契約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務の全部又は一部につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。但し、株式譲渡若しくは事業譲渡又は合併、会社分割その他の組織再編についてはこの限りではありません。

第22条 (分離可能性)

本規約のいずれかの条項又はその一部が無効又は執行不能と判断とされた場合であっても、当該判断は他の部分に影響を及ぼさず、本規約の残りの部分は、引き続き有効かつ執行力を有するものとします。ニューズドテック及びご利用者様は、当該無効若しくは執行不能とされた条項又は部分の趣旨に従い、これと同等の効果を確保できるように努めるとともに修正された本規約に拘束されることに同意するものとします。

本規約のいずれかの条項又はその一部が、あるご利用者様との関係で無効又は執行不能と判断された場合であっても、他のご利用者様との関係における有効性等には影響を及ぼさないものとします。

第23条 (存続条項)

本契約が終了した場合でも、第9条(商品の返却について)、第11条(補償金)、第13条(個人情報の取扱い)、第14条(損害賠償)、第16条(機密保持)、第15条(著作権)、第22条(分離可能性)、本条(存続条項)及び第25条(準拠法及び合意管轄)は有効に存続するものとします。

第24条 (不可抗力)

ニューズドテックは、天災、法令・規則の制定・改廃、疫病・感染症の流行その他の不可抗力によって「みんなのスマホ」の履行が妨げられた場合には、「みんなのスマホ」利用契約その他の一切の規定にかかわらず、かかる不可抗力によってご利用者様に生じた損害について一切の責任を負担しません。

第25条 (準拠法及び合意管轄)

「みんなのスマホ」または本規約に関する訴訟等は、すべて日本法を準拠法として、東京地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とすることにご利用者様及びニューズドテックは合意します。

以上

2021年8月 制定

お問い合わせ

サービスに関するご質問も
お気軽にお問い合わせ下さい

ページトップへ戻る